線路端のブログⅡ

高架化されても、高いフェンスに遮られても、やっぱり線路端が好き・・・。

’75年 西への旅 ー6-

【1975/2/25】

 朝、YHを出て錦帯橋を渡ろうとすると入口のところで料金を請求された。「えっ、きのうはそんなこと無く只で渡って来たのに・・・」、どうやら日中は料金を徴収する時間帯のようなのだが、朝から少々イラっと来た。

 広島駅では9時から午前中一杯、来る列車来る列車にカメラを向けた。「つばめ」だ「はと」だと、ひっきりなしにボンネット特急がやって来て興奮するが、結果的にはつまらぬ駅撮り写真の大量生産となってしまった。そんな中、異色だったのはEF59。瀬野~八本松間のみの運用かと思っていたのだが、広島にも顔を出していた。

EF598                        (1975/2/25 広島)

 何やら物々しい大阪方の連結器回りは、瀬野八越えの補機運用に際して、特急貨物列車の場合には走行解放となるための自動解錠装置。

 

 午後は、その瀬野に行ってみた。雑誌記事等で良く見るあの山の上からカーブを見下ろす写真を撮ってみたいと思ってのこと。

 瀬野駅から30分ほど国道を歩いてみたが、それらしい雰囲気はなく仕方なく駅に戻った。駅構内でEF59をスナップして過ごす。

EF59はEF53とEF56の改造から成るので、外見上は同一形式とは思えない。

また、広島方前面にはトラ塗り警戒色が施されているが、大阪方にはそれが無い。こうしてみると56と53の異形式重連のように思える。(1975/2/25 瀬野)

 

 余談だが、駅前で初めての定食屋を経験した。ご飯と味噌汁のほかに惣菜の並んだ棚から一品や小鉢を自分で選んで支払いをするアレ、国鉄職員相手の店でもあったのかなと今思う。

 この日の夜は急行「音戸1号」と決めていたので、駅窓口氏に寝台券の有無を照会したところ下段があるというので発券してもらった。寝台で眠りたいというよりも、ここのようにみどりの窓口ではない駅で発券してもらった準常備の硬券が欲しかったのだ。電話でのやり取りでの発券作業を見ることが出来、よい思い出となった。

その寝台券を入れてくれた袋。乗車月日、列車名、発車時刻が丁寧に記されている。

何か時代がかっているなと裏面を見ると、<2等>の文字が。

モノクラス制への移行は’69年なので、これは少なくとも6年前以前のモノ!

 

 夕方の広島に戻り駅構内や駅前の広電をスナップして過ごす。夜になると東京行きの寝台特急が発車していく様を眺めることが出来た。

3026M 「はと3号」 下関発岡山行き         (1975/2/25 広島)

2D 「かもめ」 長崎・佐世保発京都行き キハ82-97ほか (1975/2/25 広島)

 あの頃の駅前の広電のりばは青天井。様々な形式と色彩の電車がひっきりなしに発着する様子は見ていても飽きない。画面左の両替機の案内が時代を感じる。(1975/2/25)

201レ 「屋久島1号」 大阪発西鹿児島行き       (1975/2/25 広島)

 

 あれやこれやとスナップしながら時を過ごす。瀬野駅で発行してもらった寝台券を手に乗り込んだ急行「音戸1号」呉線回り京都行きは、22:20定刻に広島を発車した。

   ※発車後の案内放送はこちら

 参考までに当日の編成を記すと、座席車12系とスロ54、スハネ16との混結。

 

’75年 西への旅 ー5-

【1975/2/24】

 この日で北九州での滞在を終え、山陽線の名撮影地である光-下松間を訪ねることとした。

 戸畑から急行「玄海1号」に乗り込む。同じ乗るならと今や非営業となってしまったサハシを選んだ。ビュッフェ車の椅子に腰かけての山陽路の車窓は優雅な気分を味わえた。

 11時ころに光に到着。到着前に車内から見たところでは下松側へ1キロ半ほど戻ったところがポイントと思えた。

 しかしいざ来てみると、分厚い堤防が続きそれがどうしても視界に入るし、国道は車がひっきりなしに通り、のんびりと撮影する気分ではなかった。期待が大きかっただけにちょっと残念、それでも場所を変えながら4時間ほど過ごして急行「山陽7号」で岩国に向かった。錦帯橋近くの岩国YHに泊。

33M 「みどり1号」大阪発大分行き                   (1975/2/24)

1004M 「つばめ6号」西鹿児島発岡山行き           (1975/2/24)

206M 「玄海2号」 博多発岡山行き              (1975/2/24)

平行する道路上に大型車が無く、サハシとサロの組み込みが判る。

1M 「なは」 大阪発西鹿児島行き                (1975/2/24)

1レ、1M、1Dと聞くと同じ列番でも格の違いを感じさせる。

1D 「かもめ」 京都発長崎・佐世保行き                 (1975/2/24)

 長崎行きはキシ・キロ組み込みの7両編成、一方の佐世保行きはキロ組み込みの6両編成で、小倉にて分割併合する。

 分割併合ならば佐賀なり肥前山口で良さそうなものだが、下りの場合は小倉で分割後長崎編成が博多経由、佐世保編成が筑豊本線経由となるのだった。そのため小倉から黒崎の間と、原田から鳥栖、佐賀、肥前山口の間は両編成が続行するという、面白いスジになっていた。

 

’75年 西への旅 ー4-

【1975/2/23】

 朝から快晴、絶好の撮影日和となった。

 まずは八幡駅で確認するとダイヤ乱れは続いているようで、下り寝台列車群は3~4時間の遅れとあった。

 八幡のカーブに出向くと、とっくに通過しているはずの「きりしま」がやって来た。その後も次々とブルトレが来る。寝台車を連ねた急行列車が来る。それらを牽くのは赤い電気機関車だ。普段は青い直流電機しか目にしない自分には、目の前の光景すべてが魅惑的だった。

7M「きりしま」 京都発西鹿児島行き                                                (1975/2/23)

 所定では朝まだ暗い4時半ころに通過するはずの「きりしま」が来た。581系12両編成だ。

ED73 1022                                    (1975/2/23)

赤い電機しかも前面の「くの字」スタイルに思わずスナップした。

205レ 急行「西海1号」                          (1975/2/23)

所定では6時頃に通過するはずの、佐世保行き「西海1号」がED72牽引で来た。

ハザ、Bネ、Bネ、Aネ、ロザ、Bネ、Bネ、ハ・・・という豪華な編成。

1018M 上り「つばめ3号」 熊本発岡山行き           (1975/2/23)

同じ立ち位置で右を向いて下り列車を、左を向いて上り列車をスナップ。

軒並み遅れて来る下り夜行列車に対して、上り列車はほぼ所定どおりだったか。

209レ 急行「天草」                       (1975/2/23)

 所定では7時ころ通過するはずの、熊本行き「天草」が来た。筑豊本線経由となるためのDD51牽引である。中小都市をカバーする急行列車ならではの運行経路と思う。

 この時は、来るもの来るものをただスナップしただけであったが、今思えばこんな豪華編成しかもDD51牽引となれば、筑豊本線内でも撮っておくべきだったか。

 

 長居をしているとブルトレを牽くEF30を見られなくなると思い、手頃なところで切り上げて門司へ向かおうと駅へ歩き出したら「月光2号」が通過して行った。

 

 門司では「はやぶさ」が12時に「みずほ」が12時20分にと、遅れに遅れて到着した。その間には急行「青島」が入って来た。前面には大きな四角いヘッドマークが付いており、それは初めて目にする形状だった。門司港発の編成と広島発の編成が合体する様子を眺めた。

EF30の4重連単機なども目にした。           (1975/2/23 門司)

403D 急行「青島」は広島発日豊本線経由の西鹿児島行き。ここ門司では門司港発の編成と併合する。

※今回アップに際し、画面右の下り勾配に気が付いた。果たして何?どこへ?と大分の転轍器さんに照会すると、この先門司機関区の地下を通り操車場へと向かう線路とのことだった。

 

 前日から小倉、戸畑、八幡を行ったり来たりしているうちに、戸畑駅から若戸大橋が見えることに気が付いた。駅の背後の高台に上れば若戸大橋をバックに列車が撮れそうだと思いチャレンジしてみることにした。

 戸畑駅を降り、西鉄北九州線の踏切を越えたあたりから坂道の路地を上ってみた。丘の斜面には民家が沢山立ち並んでいる。ようやく視界が広がる場所に辿り着いたが、そこはひと様のお宅の玄関先だった。

 手前に線路、奥に真っ赤な若戸大橋、そして視界を埋め尽くす工場群。見とれてしまう景色だが、ここでの長居は失礼だし、不審者と思われても怖いので30分だけお邪魔した。

前後のコマから、門司港発原田行き1741レと推察。                        (1975/2/23)

 標準と135mmしか持ち合わせず、この中間の85mmなどがあれば違う画角になったと思うが、そのレンズを手にしたのは数年後だった。(笑)

 30分の間に遅れの「あさかぜ」や島原鉄道乗り入れのDCを併結した急行なども目にすることが出来た。

 

 山を降り今度は北九州市内線そして筑豊電鉄線に乗ってみた。北九州市内線電車はボギー台車1両であるが、筑豊電鉄の電車は連接台車の2両編成となっている。しかし筑豊電鉄車は北九州市内線に乗り入れているので、外見上の両線は一体化しているようにも見えた。

 駅前の本屋で、日付からすると発刊されているはずの鉄道月刊誌を探したが見当たらなかった。販売日が東京よりも遅いのか、扱いそのものが無いのか、はたまたこの雪で運送が遅れているのか、ちょっと残念だった。この日も北九州YH泊。

YHのある帆柱山から眼下を眺める。

同じ日本を代表する工業地帯だが、京浜工業地帯とは全く異なる地形が広がっていた。

 

’75年 西への旅 ー3-

【1975/2/22】

 朝、目が覚めたら一面の雪景色。10cmほどの積雪となっていた。前夜のTVニュースでは関東以西の大雪を報じていて首都圏ではかなりの積雪と言っており、一方の福岡は曇りと報じていたのだが・・・。

駅名とは裏腹にモノトーンの朝になった。 (1975/2/22)

雪景色となった筑肥線   (1975/2/22 福吉)

交換する列車は527D キハユニ26 14(門ヒカラ)ほか

 

 虹ノ松原から博多まで所定では1時間半くらいのところを遅れのために2時間かかった。乗り込んだ普通DCの配置区は「ヒカラ」即ち東唐津区である。電略が3文字であったことが強い印象となっている。

 

 博多に着いてもダイヤが大幅に乱れており、ホームでの時刻表通りのスナップは不可能なので、撮影地のひとつとして調べておいた八幡のカーブに行ってみることにした。

 相変わらず雪が降り続いており、時には吹雪くことも。八幡駅前から歩くにも路面がシャーベット状や、つるつるの氷状の所もある。そこで長靴でも買おうかと店を探したが見当たらず、そのまま歩き出した。

八幡駅前で西鉄北九州市内線をスナップ。             (1975/2/22)

 

 目当てのカーブ地点に着いたものの、ダイヤが乱れているので何が来るのか、或いは行ってしまったのかも分からず仕舞い。早々に引き上げて小倉・門司方面に行ってみることにした。

 近くの山王という西鉄北九州市内線の電停から枝光へ行き、普通列車で小倉・門司と回った。門司ではEF30を見たいと思っていたが、軒並みダイヤが乱れていた。東京発のブルトレ群も4~5時間遅れとなっていた。到着番線もアナウンスとは違って入線するなどして、振り回されっぱなしだった。

7レ「富士」                       (1975/2/22 門司)

31M「日向」 大阪発宮崎行き 雪景色に赤スカが映える  (1975/2/22 門司)

 

 少し気分を変えようと、西鉄北九州市内線などを見ることにして黒崎へ。黒崎駅前や黒崎車庫前でスナップしてみた。

(1975/2/22 黒崎車庫前)

 

 今回の旅では北九州地区に朝到着する関西発の夜行特急や急行群を狙っていたのだが、この日のダイヤ乱れのために目論んでいた列車撮影が全く出来ていなかった。北九州滞在は明日までの予定、明日のダイヤ回復を願うばかりだ。

 

 この日の宿は北九州YHとしていた。それは八幡駅からケーブルカーで帆柱山に上がったところにあった。朝からの雪で散々な目にあったこともあり、受付氏に「九州なのに雪が降るのですね。」と軽い挨拶のつもりで口にすると、真顔でこのように言われてしまった。

「東京の人は皆そう言うけれど考えてもみなさい、ここは日本海側気候なのですよ。」

この言葉と、きりっとした口調は強い印象となって記憶に残っている。こんな実体験こそが旅で得られる貴重な知識と思う。

 

’75年 西への旅 ー2-

 前夜乗り込んだ、岡山発博多行き「月光2号」の発車時の車内放送と、翌朝の博多到着前の放送をお聞きください。深夜帯の発車のためかそっけない案内がちょっと残念。

さあ、いよいよ九州入りです。

【1975/2/21】

 朝6時半に博多着。とても寒く冷たい風が容赦なく吹き付けて来る。駅に発着する朝の列車をスナップする計画でいたが、あまりの寒さに気勢をそがれDC特急などを2~3枚撮ったのみで退散。九州入り早々に出鼻をくじかれる思いだった。

3011D 特急「おおよど」 キハ82-34ほか       (1975/2/21 博多)

博多発肥薩線経由の宮崎行きという面白いものだった。

 

 博多駅前から西鉄福岡市内線で天神へ、そして西鉄大牟田線に乗ってみることとした。しかし全線乗り通すわけでもなく、取り敢えず足跡を残したいだけなので二日市まで行ってみた。沿線での撮影をと思い、雪の降る中を隣の都府楼前付近まで歩いてみた。西鉄電車はどれも馴染みなく、形式も判らないままだったが、正面2枚窓のスタイルを多く目にした印象だった。そんな中、新鋭の特急車2000形の黄色が、雪混じりのモノトーンの風景の中で目立っていた。

901                        (1975/2/21 西鉄福岡)

 西鉄福岡駅のホームに上がると、こんな怪しげな車両に出くわした。電動貨車であろうか、或いは作業員が乗っているところをみると事業用車両であろうか。

1300系                      (1975/2/21 二日市)

 西鉄の車両はほとんど勉強せずに出かけたが、これが元特急車両だということは知っていた。ブルーに黄色い帯という特急スタイルのままだった。

 

※ 今回アップを期に調べてみたら、正統派特急車両ではなかったらしい。特急車両1000形の増備をするにあたり、中間車のみ新造し、先頭車両は旧600形を流用改造した「まがい物」とのこと。おかげで側面の窓配置が異なる。

 

 再び西鉄福岡に戻ると、市内線に沿って歩きながらスナップし川端町から博多駅前に戻った。

                            (1975/2/21 県庁前)

                           (1975/2/21 博多駅前)

 

 昼に立ち食いソバを食べたが全く醤油の色が無いにもかかわらず、醤油の味がしたのだった。これには驚いた「えっ、このツユはただのお湯?と思ったら醤油味がした」という訳。

 このような西日本そして九州の食文化を体験しつつ、博多からは筑肥線に乗り込み、今夜の宿のある虹ノ松原に向かった。

’75年 西への旅 ー1-

 昭和50年3月のダイヤ改正(所謂ゴーマルサン改正)で新幹線が博多まで開業し、それとともに山陽-九州間の特急・急行が廃止となるので、その姿を見納めするのを第1目的とし、併せて地域の私鉄も見ておこうと西へと向かった。ただ、大阪から先は自分にとっては未知の領域であり一抹の不安感はあった。

【1975/2/20】

 西への足は来るダイヤ改正で消える運命にある急行「桜島・高千穂」とした。東京と西鹿児島を熊本経由の「桜島」と大分経由の「高千穂」で運転されている。旅の趣旨としてはこれに乗り通すべきではあるが、色々考えて大阪までの昼行時間帯だけ乗ることした。

 10時に乗って夕方6時までということで中学3年生の時の修学旅行「わかくさ」と似た時間帯での走行だった。あの時と同様に沼津だ、吉原だ、富士だ、金谷だ、豊橋だと車窓を注視して西へ西へと向かった。

修学旅行の時にも見かけた名鉄の凸型電機。  (1975/2/20)

岐阜行きパノラマカーとの並走。  (1975/2/20)

 

 夕方6時大阪着、早速大阪発の九州行き寝台特急の様子を見ると、ヘッドマークが付いていたりいなかったりの状況で少々気落ちした。

205レ 急行「西海1号」 大阪発佐世保行き EF5826(浜) (1975/2/20 大阪) 

 

 この日の夜は、これまた消える運命の特急「月光2号」と決めていたので、姫路乗り継ぎで岡山まで普通列車にて向かった。姫路からは80系に乗り込むとそれまで雨だった車窓が雪に変わった。岡山では月光に乗り込む前に先発する寝台特急をスナップ。前面を雪で真っ白に化粧したゴハチとロクゴに対面した。

209レ 急行「天草」 京都発熊本行き EF589(広) (1975/2/20 岡山)

 581系は「月光形」と称されるが、そのものずばりの「月光2号」の寝台券を手元に残したくてこれに乗り込むこととしていた。しかし寝台料金をケチって上段を選んだのは失敗だった。窮屈だし揺れが激しく、ずっとビリビリと振動が続いていた。こうして旅の初日の夜は初の寝台電車特急の上段で迎えた。

検札では赤ペンでの丸印だった。

 

 東京から乗り込んだ急行「桜島・高千穂」の当日の車内アナウンスです。

九州内は鹿児島本線経由の「桜島」と日豊本線経由の「高千穂」とに分かれて西鹿児島まで向かいますので、到着予定時刻の案内も膨大なものとなっています。駅名と時刻を並べてみましたので、併せてお聞きください。(10分と少しです。)

注、 行橋と中津の間、(誤)牛島 (正)宇島

 

ロクゴの2101

東京の西にある支線の駅を、ひっそりと単機で通過するロクゴの2101。

かつての晴れがましい衣装を纏ったままの姿が嬉しくもあり、反面それゆえに地味な仕事に勤しむ姿がサラリーマン人生の悲哀に見えたりもする。

(2022/6/15 東中神

 

若き日は東京~下関間1100kmをぶっ通しで走り抜ける脚力を誇っていましたね。

朝、東京への最後のラストスパートを掛ける君や同僚の姿を、嬉々として追っていた自分も若かったなぁ。(と、遠い目)

あの頃の君 EF651101           (1983/3/22 横浜-川崎)